故障した疑いがある場合の修理依頼の流れ

まずはメーカーのサポートセンターに電話をする

会社で利用しているパソコンがどうも故障したらしいということになった場合、どのような流れで修理の依頼をすればいいのでしょうか。まず、メーカーのサポートセンターに電話をしてみましょう。法人向けパソコンであれば、本体のどこかにサポートセンターへの連絡先が印字されたシールが貼られている可能性があります。電話をする際は、故障したと思われるパソコンを実際に目の前に置いておくことが大事です。なぜかというと、オペレーターが不具合原因の切り分けのため、操作の指示をしてくるのでそれに対応するためです。
電話をすると最初に名前や電話番号などの情報を求められるので、会社の電話番号と実際に電話をしている人間の名前を伝えるようにします。これらの情報が必要なのは、サポートしている途中になんらかの理由で電話が切れてしまった場合に、サポートセンターの方から電話をかけられるようにするためです。

故障だと判断されたらパソコンを引き取ってもらう

名前と電話番号の確認が終わると、故障したパソコンの機種名とどういったトラブルが起きているのか、また、そのトラブルが起きる前になにかアクシデントが起きたり、いつもと違う操作をしたのかといったことを聞かれるので正確に答えるようにしましょう。この段階で、「その症状であれば故障です」といわれることも少なくありません。
一時的な不具合ではなく故障だと判明したら、修理の話になります。基本的に依頼側の都合のいい日にメーカーが配送業者を派遣し、壊れたパソコンを受け取るという流れになるのでスケジュールを調整しましょう。修理費についてはこの段階でもおおよそのところはわかりますが、正確な料金はメーカーがパソコンを見てからということになります。