パソコンやアクセサリの「掃除」はどうやってする?

本体のフィルターに詰まったほこりを掃除機で吸い取る

パソコンを継続して利用する場合、定期的な掃除が必要不可欠といえます。具体的にどこを掃除すればいいのかというと、まずは本体のファンの部分にあるフィルターです。掃除機を使うといいでしょう。
パソコンは基本的に二箇所以上の通気口を備えていて、本体に空気を吸い込んだあとに吐き出すという仕組みになっています。なぜこういった仕組みが必要なのかというと排熱処理のためです。通気口がない場合、本体の内部にあるCPUなどから発生した熱が逃げないため、内部の温度がどんどん上昇していき、最終的には熱暴走につながります。そうしたことを防ぐため、空気を通して熱を下げるのです。
空気を通そうとすると、当然、ちりやほこりも吸い込むことになりますのでフィルターが設置されていますが、長く使っているとこのフィルターが目詰まりしてしまいます。そのため、フィルターに付着しているちりやほこりを掃除機で吸い取ることが必要になるのです。

キートップを引き抜いて底面に付着した髪の毛などを拭き取る

アクセサリとしてはキーボードの掃除を行うといいでしょう。会社で利用しているものであれば、お菓子を食べながらキーを打つということは少ないでしょうから、食べかすが中にたまっていることはないかもしれません。ただ、ちりやほこり以外に髪の毛が入り込んでいる可能性は高いです。あまりにもゴミが中に入るときちんとキーを押すことができなくなり、入力ミスにつながるので定期的に掃除した方がいいのです。
キーボードをしっかりと掃除するためには、まずキートップを引き抜きましょう。キートップを引き抜くための工具が販売されているので、こうしたものを用意すれば簡単です。
キートップをすべて引き抜くとキーボードの底面が完全に露出しますので、無水エタノールと綿棒などを組み合わせてほこりを拭き取っていきましょう。脂などで髪の毛がべったりと付着している場合は、ハンディタイプの掃除機で全部吸い取ることはおそらく難しいです。